エンジニアリング研究開発に於ける、様々な現場環境を想定したアプリケーションに仕上がっています。

ロボットの研究開発、人間工学、バーチャルリアリティ研究まで幅広く対応すべく、Trackerソフトウェアは類を見ない設計コンセプトの元、皆様の研究サポートを可能にします。

より多くのオブジェクトトラッキングを実現します
Tracker3で開発された強力なリアルタイムエンジンは、より多くのカメラ台数で、より多くのオブジェクトトラッキングを可能にし、低遅延・高精度にフィードバックします。
VR仮想現実空間をよりリアルに。精度と信頼の高いデータを提供します。
Tracker 3は他社のシステムに比べ、最大5倍の500フレーム/秒かつ、わずか1.5msの遅延時間でリアルタイムフィードバックを行います。 カメラから最適化されたデータをスマートに選択可能なアルゴリズムと、オブジェクトの移動速度に応じて変化する新しいフィルタリング技術を使用して、没入感の高いVR体験を実現できます。
シングルカメラトラッキング機能
カメラの2Dデータからもオブジェクト認識を行う機能がシングルカメラトラッキングです。この機能の利点は、1台のカメラしかトラッキング出来なかったオブジェクトマーカーでもデータ欠損なくオブジェクトトラッキングを継続することができます。リアルタイムフィードバックに特化した機能と言えます。
SimuLinkを用いたリアルタイムモデリング
バイコンは現在唯一、即時にロボットをリアルタイムモデリングすることができる、オプティカルモーションキャプチャプロバイダーです。UDPデータをストリーミングする場合、Tracker3はMathworks社のSimulinkパッケージにハードウェアインループ(HIL)テスト用に直接対話が可能です。Tracker3からSimulinkにロボットからのフィードバック情報をスループットして、エンドツーエンドシステムテストを低遅延で行うことができます。
より柔軟なインテグレーション
Trackerの堅牢なインテグレーションにより、UDP、TCP、およびVRPNオープンソースプロトコルをDatastream SDKを介して利用することができます。
互換性
Tracker3は、どのようなアプリケーションでもリアルタイムデータを素早くストリーミングできます。また、Vicon Virtual Systemを併用することで、カメラシステム(ハードウェア)を使用しなくても、お好きな場所でストリーミングデータをアウトプットしてプログラミング開発ができます。
アイトラッカー(注視点計測)システムとの親和性
Tracker3ではErgonner社・Dikablis Eye Trackingシステムとの親和性が高く、完全同期を実現します。注視点データをVRPNおよびDataStream SDKを介して、様々なアプリケーションに組み込むことができます。
APEX
Tracker3と完全同期するように設計されたApexデバイスは、VR環境のために作られたバイコンのインタラクションデバイスです。

Tracker3に関する追加情報

参考情報

最適化されたハイブリッド2D / 3Dリジッドボディ・トラッキング

2Dデータと3次元化データを融合することにより、リジッドボディオブジェクトを常に最高の状態で6自由度データを提供します。1台のカメラだけしか捉えられなかった場合でも、強力にリジッドボディオブジェクトデータをストリーミングします。 ギャップの無いデータストリーミングが可能となるばかりでなく、全てのアウトプットデータを5msの低遅延でストリーミングを行います。

シンプルで強力なリジッドモデルビルダー:

  • ワンクリックでのモデル作成機能
  • オブジェクトの変換/回転GUIウィジェット機能
  • オブジェクトの類似テスト機能
  • オブジェクト原点位置即時調整機能(スナップツールの搭載)
  • 2D/3D自動リジッドボディ・トラッキング
  • 1オブジェクトに対する最大マーカ数制限なし
  • 100個以上のリジッドボディをリアルタイムトラッキング
  • 他社よりも少ないカメラ台数で高精度にトラッキング

インテグレーション

Vicon DataStreamのサポートにより、ユニキャストTCP接続とマルチキャストUDP接続の両方が可能になります。 これは、ワイヤレスでリアルタイムデータを送信するUAVやロボット、無人ヘリコプターの飛行経路をリアルタイムで制御する場合などで非常に有効と言えます。また、TrackDやAutodesk MotionBuilderとの接続で、様々なCAVE環境やその他の仮想シミュレーションでのサポートを可能にします。


様々なシステムとの接続

全てのバイコンVantage、Vero、Tシリーズ、Bonitaカメラで動作します。TrackerはApexデバイスとBluetoothにてダイレクトに接続を行います。

Lock、Lock +、Giganet、MX Controlを介して、外部アナログ機器とも完全同期します。

  • Genlock & タイムコード
  • GPOを使用することで外部システムに同期信号の出力が可能
  • 外部アナログ機器とのリモートスタート/ストップ機能
  • Apexデバイスとの接続

Dikabilisアイトラッカー:

  • イーサネット経由でデータを受信
  • 注視点ベクトルを直観的に表示、キャリブレーション
  • 標準インターフェースで接続可能

遅延速度とパフォーマンスの強化

2Dでリジッドボディを認識する機能を追加することで、マーカーが1台のカメラのみでしか捉えられなかった場合でも欠損することなく、データストリーミングは継続されます。 これにより、常に正確な位置情報をスループットします。

10個のオブジェクトトラッキングの場合2.8ms、5個のオブジェクトトラッキングの場合は1.5msの圧倒的な低遅延でスループットを行います。

Read More

ストリーミングデータ

非常に柔軟なリアルタイムデータストリーミングにより、多数のサードパーティアプリケーションと簡単に接続できます。
Matlab Simulink、C++、.NET、Windows x86およびx64、Linux x86およびx64、MAC OSX、Android ARM、VRPN、TrackD *、ROS *

デバイスデータ:外部アナログ機器、Apexデバイス、およびDikabilisアイトラッキングシステムは、1つまたは複数のインターフェースを介して相互にアクセス可能です。

*サードパーティドライバを使用します。


レコーディング機能とプレイバック再生機能

  • カメラRaw(2D)データおよび外部デバイスデータを記録します
  • 複雑な処理を必要とせず、即座に記録されたデータを再生します
  • リアルタイム時と同様のデータを記録し、オフラインデータおよびストリーミングデータとして蓄積します

カメラキャリブレーション

バイコンは長年のノウハウと経験より、革新的なカメラキャリブレーション技術開発を続けています。より精度向上に寄与すべくアクティブマーカーを使用した、最新のカメラキャリブレーション方式を実現しました。

最新のアクティブキャリブレーションワンドのサポートおよび従来のパッシブキャリブレーションワンドとの互換:

  • 4つまたは5つのマーカーで構成されるカスタムワンドを使用できます
  • 自動レンズ計算パラメータの搭載
  • すべてのカメラまたは任意のカメラのみ再較正を行うリキャリブレーション機能

システム要件

基本使用

  • Windows10/64bit - 任意で32bit版も利用可能
  • Core i7プロセッサ以上のクラス
  • 1GB以上のRAM
  • カメラシステムを接続するためのギガビットイーサネットポート(Intel製の推奨)
  • ハードウェアアクセラレーテッドOpenGLグラフィックスビデオカード(nVidia製を指定)

推奨スペック(最低)

  • Windows10 64bit
  • クアッドコアXeonプロセッサ
  • 4GB RAM
  • Intel i340 / i350ネットワークアダプタ(NIC)
  • nVidia Quadro 2000以上のグラフィックスビデオカード


    innovation-apex-600x300.png

WHAT DO I DO NEXT? 資料請求 お問い合わせ